ニース所属のFWマリオ・バロテッリがInstagramの公式アカウントを通じ、フェラーリを時速200㎞で走らせ警察に捕まった、という話がデマであると告げた。

【関連記事:悪童バロテッリ スピード違反】

「時速200㎞で走っていたなんて嘘だよ。この話はおそらく僕の車をねたんだ者たちが流したんだろう。」とSNSに掲載したビデオの中でバロテッリ本人は語っている。

バロテッリはイタリア警察に呼び止められたのは確かであるが、交通違反は無かったと語った。
「イタリアのメディアは相変わらず最悪だ。情報の真偽を確認などしない。残念なことだが、イタリアは決して変わらない。その点ではフランスの方がずっと良い。」とバロテッリは語った。

イタリアのメディアは火曜の朝、バロテッリが5日にイタリア北部のブレーシャの高速道路を走行中、時速200㎞のスピード違反を犯し、警察に違反を切られたと報道していた。