バルサが関心を寄せていたレアル・ソシエダ所属のディフェンダー、イニゴ・マルティネスが、また試合にフル出場するようになった。

【関連記事:アルダ 母国リーグへ移籍直前】

バスク出身のこの選手はバルサの補強候補だった。今シーズン開幕以来、イニゴはプレシーズンマッチに一度も起用されていなかった。しかし、このソシエダ対ブルゴス戦でイニゴは久々にフル出場を果たした。

バルサは補強選手としてイニゴに大きな関心を抱いていたが、どうもここ数日間にその関心は薄れたようだ。そしてソシエダは再びイニゴを起用するようになった。

ソシエダの主要選手イニゴ・マルティネスは前シーズン末に軽い故障を患い、プレシーズンに出場していなかった。

ブルゴス戦では好調なプレーを見せ、2得点を決めた。