FCバルセロナは2億2,200万ユーロ(約289億円)の全額支払いをPSGが済ますまではスペインサッカー連盟(RFEF)にネイマール移籍に必要な書類を提出しないつもりである。

【関連記事:バルサ狙うDF 立場に変化】

PSGが2億2,200万ユーロ(約289億円)の支払いのために揃えた小切手と書類をまだ確認している段階であり、これがバルサがRFEFに未だにコンタクトを取っていない理由である。
非常に複雑なオペレーションにおいて、バルサは移籍を正式なものにする前に全てを確認するための時間を必要としている。その一方でPSGはネイマールを登録するための書類を待っている状態であるが、リーグ・アン第2節ギャンガン戦にプレーできるように手続きを済ませたいと考えている。

なお、フランスサッカー連盟の会長ノエル・ル・グラエは書類が間に合うと考えており、「書類の手続きは済むだろう。これ以上時間がかかることはない。複雑な契約ではあるが、フランスサッカー連盟はスペインサッカー連盟にコンタクトを取っているため、問題はないだろう。」と語っている。