フェリペ・コウチーニョはリバプールに対してFCバルセロナ移籍を正式に要求しているとスカイスポーツが報じている。

【関連記事:リバプール 異例の公式発表】

コウチーニョのバルサ移籍が噂される中、今朝リバプールがバルサとコウチーニョの移籍に関して交渉に応じない判断をしたという発表を行っている。

リバプールはコウチーニョをチームに残留させるのに加え、さらなる補強を行う意向を主張している監督ユルゲン・クロップとともに強硬な姿勢をとっている。

しかしながら、コウチーニョ自身は当初穏便な形で交渉を行ってリバプールからバルサに移籍しようとしていたものの、ここに来て態度を変えている。そして、リバプールにバルサ移籍を直談判しており、リバプールに退団を認めるように要求している。

この状況はバルサ契約を望むボルシア・ドルトムントのウスマン・デンベレも同じであり、バルサは同選手獲得に最新のオファーでは1億2,000万ユーロ(約154億円)を提示しているということである。