チェルシーは今週12日のバーンリー戦にてプレミアリーグ開幕戦を戦った。チェルシーのFWジエゴ・コスタの状況には変化はない。

【関連記事:コスタ ラブコールも届かず】

ジエゴ・コスタはブラジルで現在もバケーション中である。監督アントニオ・コンテに戦力外と見なされてから、コスタはクラブの了承のもと故郷のブラジルで休んでいる。
この休暇中、コスタは自身で決めたトレーニングを続けている。だが運動不足により、チェルシーが心配するほどに体重が増加しているのだ。

コスタ自身がSNSに掲載する写真から、明らかに体重オーバーとみられる。他クラブへ移籍する際に、体重の管理ができていないことは大きなデメリットとなる。

コスタは古巣のアトレティコ・マドリードへの帰還を望んでいるが、現在のところアトレティコ側からの反応は無い。
このために、チェルシーはその他の移籍先を探しているが、コスタ自身がコンディションを整えないことには移籍先の決定は難航するだろう。