ボルシア・ドルトムントはクラブ公式サイトと公式SNSで声明を発表し、ウスマン・デンベレは進展があるまでチームのトレーニングに参加しないと発表している。

【関連記事:デンベレ練習欠席 居場所不明】

10日(木)のトレーニングに無断欠席したデンベレはFCバルセロナへの移籍を望んでいる。ドルトムントは交渉に応じる姿勢を示しているが、1億2,000万ユーロ(約154億円)という破格の金額設定がそれを難航させている。なお、ドルトムントは昨年同選手を獲得した際にはわずか1,400万ユーロ(約18億円)で契約を締結している。また、ドルトムントはメジャークラブからオファーがあった際は移籍できるという約束もしていたが、今回その約束は果たされていない。

それゆえに、デンベレはチームの全体トレーニングからは離れ、自身の去就が決まるのを待つつもりのようである。一方で、クラブの声明では「チームの全体トレーニングとは別で個人トレーニングをする機会は与えられる。我々は今週末にヴォルフスブルクで始まるブンデスリーガ開幕に向けた準備に照準を絞っている。なお、この決定に対してのコメントがされることはない」と説明している。