今夏の移籍シーズンにプレミアリーグ全体で動いた金額は13億ユーロ(約1,700億円)であった。これはイタリア(8億ユーロ:約1,000億円)やフランス(6億5,000万ユーロ:約800億円)、ドイツ(6億ユーロ:約700億円)を大きく上回る。

ランキング一位は、8,470万ユーロ(約111億円)でユナイテッドに移籍したロメル・ルカクで、二位はチェルシーに6,500万ユーロ(約85億円)で移籍したアルバロ・モラタだ。

プレミアリーグ市場最も高額な選手ランキングは以下の通り。
1位 ロメル・ルカク
24歳のベルギー代表FW、エバートンからユナイテッドへ8,470万ユーロ(約111億円)で移籍した。

2位 アルバロ・モラタ
24歳のスペイン代表FW、レアル・マドリードからチェルシーへ6,500万ユーロ(約85億円)で移籍した。

3位 バンジャマン・メンディ
23歳のフランス代表SB、5,750万ユーロ(約75億5,000万円)でモナコからマンチェスター・シティへ移籍した。

4位 アレクサンドル・ラカゼット
26歳のフランス代表FW、5,300万ユーロ(約69億5,000万円)でオリンピック・リヨンからアーセナルへ移籍した。

5位 カイル・ウォーカー
27歳のイングランド代表SB、5,100万ユーロ(約67億円)でトッテナムからマンチェスター・シティへ移籍した。