リーガ第4節ヘタフェ戦の試合開始25分、左脚の太ももを痛めて負傷退場したバルサのウスマン・デンベレ。
この負傷が深刻なものになるとは誰も予想していなかった。

【動画】デンベレがヘタフェ戦で負傷

バルサはデンベレの負傷について以下のように発表した。
「検査の結果、トップチームのウスマン・デンベレの左脚大腿二頭筋の腱が断裂していることが確認された。」

「デンベレは今週フィンランドに渡り、サカリ・オラヴァ医師の出場を受ける予定で、3か月間から4か月間、チームを離脱する。」
20歳の若者が今夏ボルシア・ドルトムントからやってきて、新たなクラブに順応し始めた矢先の出来事である。

つまり、デンベレが今年プレーすることはなく、再びピッチに立つのは2018年となる。