夏の移籍マーケットの最終日、サウール・ニゲスの名前はFCバルセロナの補強プランとして挙がっていたと『El Confidencial』のジャーナリストであるアントニオ・サンツが説明している。

この情報によれば、バルサはフィリペ・コウチーニョ獲得におけるリバプールとの交渉が平行線だったため、アトレティコ・マドリードのサウール獲得を考えていたということである。アトレティコ・マドリードはバルサのこの動きを把握していたが、移籍金1億5,000万ユーロ(約198億円)が結果的に障害になった。

アトレティコはバルサがこの金額を支払わないと考えていたものの、バルサが移籍マーケットでコウチーニョを獲得できていない状況を考えると脅威を感じずにはいられなかった。

しかし、バルサはコウチーニョ獲得に失敗するも代替の選手を補強することはなかった。最終的にリバプールがコウチーニョ移籍に提示した2億ユーロ(約265億円)をバルサの会長バルトメウが夏の移籍マーケットで支払うことはなかった。

ただ1月に冬の移籍マーケットで何が起こるか見守る必要があり、コウチーニョが未だにバルサの主要ターゲットである。