アンドレ・ゴメスの将来は不透明だ。バルサ側は放出したくないが、ゴメスはまだバルサ方式のサッカーに順応できていない。監督バルベルデも主要な選手の一人と考えていないことから、今後のバルサでの存続は困難である。

獲得に費やした資金を取り戻すために、バルサはゴメスのローン移籍か完全移籍を検討している。

ゴメス自身の目標はバルサに残り成功を収めることだが、代理人ホルヘ・メンデスはゴメスに複数のクラブが関心を示していると語っている。メンデスは選手とクラブ双方が同意すれば、ゴメスの移籍かローン移籍に同意する意向だ。

現在ユベントスがゴメスの移籍か買取オプション付きのローン移籍に関心を示している。またプレミアリーグのとあるクラブもゴメスの移籍金を問い合わせているという。

アンドレ・ゴメスを売却する前に、バルサは他の選手たちの売却を選ぶだろうが、ここ数週間以内にゴメスの移籍が確定する可能性もある。

もし今後アンドレが出場機会を増やしていき、存在感を発揮すればバルサに残ることができるだろう。
しかしもしその反対となれば、バルサの上層部はゴメスの移籍を検討しなくてはならない。一方でゴメスも、より多くの活躍を求めて欧州の他の強豪クラブに移籍することを選ぶかもしれない。

ゴメスが離脱したとして、バルサはそれほど多くのダメージを受けないとも予想できる。そればかりか、ゴメスの移籍金は3,000万ユーロ(約39億6,000万)を下らないことから、バルサは大きな資金を蓄えることができるだろう。

しかしながらバルサはゴメスのプロとしての根性を称賛しており、仲間や監督らも努力家であると認めている。

いずれにせよアンドレ・ゴメスは大きなプレッシャーを背負っており、サポーターによる批判も受けている。バルサに所属しながらも危うい立場のゴメスであるが、今後離脱の道を選ぶのか、それとも存続するのか、冬の移籍市場で動きがあるかに注目したい。