リーガ・エスパニョーラ第10節、ジローナ対レアル・マドリードの一戦が29日17:15(日本時間30日0:15)にキックオフを迎えた。

ベティス戦の敗北以降、4連勝中のマドリーはこの試合、イスコのゴールで0-1としてハーフタイムを迎えるも後半にジローナに追いつかれると、逆転を許してしまい1-2でマドリーが格下に敗北。今季2敗目となった。

開始10分で試合が動く。マドリーは自陣でピンチを迎えた後すぐにカウンターを始めるとロナウドに渡りミドルレンジからシュート、GKが弾いたボールをイスコを押し込みマドリーが前半のうちに先制した。(0-1)
しかし、あわやゴールというシーンをマドリーはポストに2度救われており、危うい前半を過ごすと、後半8分に流れの中からストゥアーニにゴールを決められる。

さらにその5分後、ジローナにシュートまで持ち込まれ完全に崩されたマドリーは、ポルトゥに華麗なゴールを決められなんと逆転を許す。(2-1)

後がないマドリーは65分にマルセロ、アクラフの両SBをアセンシオ、バスケスと交代させて3-5-2のフォーメーションに変更。
だが最後までマドリーは歯車がかみ合わず1-2で試合は終了した。

■試合ハイライト
10分、ジローナが右サイドを突破、クロスボールがゴールポストに当たりあわやゴールかというシーンが訪れる。

11分、マドリーが先制。自陣でピンチを迎えた後すぐマドリーのカウンターが始まるとロナウドに渡りミドルレンジからシュート、GKが弾いたボールをイスコが押し込んだ。(0-1)

25分、ベンゼマがスルーパスに飛び出し、右サイドからクロス。ロナウドがショートバウンドのボールを左足で合わせるもGKキャッチ。

35分、ジローナのポルトゥがクロスボールをバックヘッド、ボールはゴールに入るかと思われたがポストに再び嫌われてしまいゴールならず。

50分、イスコがモドリッチとのワンツーで左サイドを抜け出すとスライディングでクロスを上げる。しかしジローナの守備陣が懸命のディフェンスでクリア。

53分、ジローナが同点に追いつく。味方のドリブルが相手DFに引っかかりストゥアーニの下にボールがエリア付近で渡るとダブルタッチでナチョをかわしニアサイドにゴールを決めた。(1-1)

57分、ジローナが逆転ゴール!1得点目と同じ流れの中からシュートまで持ち込まれると一度はカシージャが止めるもこぼれ球をマフェオがシュート、ボールはゴールから外れるコースに飛んだがポルトゥがかかとで合わせ鮮やかにゴールを決めた。(2-1)

■得点
11分:イスコ

■警告
45分:モドリッチ

■交代
45分:ヴァラーヌ→ナチョ(マドリー)
65分:マルセロ→バスケス(マドリー)
65分:アクラフ→アセンシオ(マドリー)
74分:ガルシア→ティモール(ジローナ)

両チームの先発メンバーは以下の通り。
【ジローナ】
■GK
ポノ

■DF
ムニエザ
ベルナルド
フアンペ

■MF
アダイ
グラネイ
ポンス
マフェオ
ガルシア
ポルトゥ

■FW
ストゥアーニ

【レアル・マドリード】
■GK
カシージャ

■DF
マルセロ
ヴァラーヌ
セルヒオ・ラモス
アクラフ

■MF
カゼミーロ
モドリッチ
クロース

■FW
イスコ
クリスティアーノ・ロナウド
ベンゼマ