ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティのスターの1人、ケヴィン・デ・ブルイネは最高の時を過ごしている。『Sky Sports』のインタビューでこのベルギー人MFはシティズンでの日々を最大限に楽しんでいる事を認め、環境を変える意向を全く持っていない事も明かした。

「ペップはチームに僕が大好きなスタイルを植え付けた。それは選手にとって全てをより容易にするものだ。」

シティは2015年にヴォルフスブルクから移籍金5,800万ユーロ(約77億円)でデ・ブルイネを獲得し、6年契約を結んだ。それ以降、デ・ブルイネはプレミアで104試合に出場し、25ゴール45アシストをマークする活躍で最も際立った選手の1人としてあり続けてきた。

26歳の彼はこのように主張している。
「僕はグアルディオラと共にとても楽しんでいる。(チームの)雰囲気はパーフェクトだ。ここに来て以降、クラブは僕を信頼してくれている。」

「シティと契約を交わした時、チームは非常にベテランが多かったが、クラブは将来を考えて若手を獲得した。僕はクラブのプロジェクトを非常に気に入っているよ。僕はここでとても幸せだし、長くとどまりたいと思っている。」

プレミアリーグで単独首位のシティは依然、無敗を続けている。次戦ではベンゲル率いるアーセナルと対戦する。
「(アーセナル戦は)新たな重要な試合だ。もし我々が勝てば、さらにライバル達にプレッシャーをかける事ができる」デ・ブルイネはそのように締めくくった。