これは後半に入り、スペイン代表の監督フレン・ロペテギが2選手を交代した際に起こった。同監督は、それまでキャプテンを務めていたセルヒオ・ラモスを57分に交代すると、ラモスはキャプテンマークを近くにいたピケに渡している。ピケは余計なことを考えることはなく、受け取るとそのまま自分の腕にはめている。

しかし、ピケがキャプテンマークを楽しむことはあまり出来ず、数秒後にはシルバがブスケツに変わり出場するとピケはキャプテンマークを外してシルバに渡している。

政治的問題に対する意見などを示し、物議を醸しているピケだが、スペインに対する愛国心を勇敢に示している。