元FCバルセロナのロナウジーニョは、「もしフェリペ・コウチーニョが今冬の移籍マーケットでバルサに加入すれば完璧に順応するだろう」と語っている。

昨夏バルサ移籍がささやかれていた25歳のコウチーニョについてロナウジーニョは、「彼のような才能豊かな選手に自分が長年所属したバルサのユニホームを着て欲しい。彼のプレースタイルはバルサに完璧に順応するだろう。そして、彼のような質の高い選手がバルサでプレーするところを見たい」とスカイスポーツに対して述べている。

また、ロナウジーニョは「彼のプレースタイルが好きだし、彼の創造するサッカーも好きだ。そして、コウチーニョがブラジル代表のロシア・ワールドカップ優勝に貢献してくれることを願う」とも付け加えている。

バルサで2003〜2008年の間プレーしたロナウジーニョは、ケレタロにあるエスタディオ・ラ・コレヒドーラで先週末に行われた“マッチ・フォー・ピース”に参加している。

そして、14日火曜日にウェンブリーで行われたイングランド対ブラジルのフレンドリーマッチについても「イングランド代表は多くの若い選手が加入している。それはすごくいいことだ。まだ、彼らの知名度は高くないが、才能があるし、きっと成長することだろう。イングランド代表は個人の力でなく、グループとして強さを発揮する。ロシア・ワールドカップではいいパフォーマンスを見せるに違いない」と言及している。