まだ2017/2018シーズンの半分も過ぎていないが、既に2018/19シーズンのFCバルセロナのユニフォームとなる可能性のあるデザインが流出している。先日、“FootyHeadlines”がバルサの来シーズン用の新モデルのデザインについて報道したばかりだが、今回、@SergioMagdaがそれとは異なる新しいバージョンのデザインが存在する事を明らかにした

“FootyHeadlines”が数日前に公開したモデル同様、シャツにはバルサの胸スポンサー「Rakuten」のロゴが入っているが、縦縞のデザインや配色は今シーズンのモデルとは大きく異なっている。
色彩的には2003/2004シーズンや2010/2011シーズンのモデルに最も類似していると言えるだろう。

いずれにしてもサッカーファンやバルサファン間の関心を助長する新たなオプションである。
このように早くから話題になる事はナイキやバルサにとって好都合なのは間違いないだろう。