レアル・マドリードのクリスティアーノ・ロナウドは、クラシコで先制ゴールとなっていてもおかしくない決定的チャンスを掴んだが、信じられないような形でミスを犯している。ペナルティエリア内でフリーだったにも関わらず、センタリングにシュートを試みるも空振りしている。

【ハイライト動画】伝統の一戦クラシコ

CR7の驚愕のミスは、非常に重要な場面でありFCバルセロナにとっては有利なものとなっている。そして、その重大な失態に気づいていたCR7はその悔しさをあらわにしているが、それを隠そうともしている。幸運にも続くプレーでイニエスタへのカルバハルの激しいタックルもあり、注意はそちらにすぐに移っている。

なお、そのプレーでイニエスタは大事に至らず、試合でプレーを続けている。一方で、CR7はこの試合では終始バルサのGKテア・シュテーゲンを脅かしていた。