現在、横浜FCに所属する50歳の三浦知良がギネス世界記録に認定された。

1993年、読売サッカークラブ所属時にJリーグ年間最優秀選手、ベストイレブン、アジア年間最優秀選手賞を受賞。2005年からは横浜FCに所属し、プレーを続けている。

その三浦は2017年のJ2リーグ第3節のザスパクサツ群馬戦でゴールをマークした。このゴールが最年長ゴールとしてギネス記録に認定された。

2月26日に51歳となるキングカズがこの記録を更新することがあるのか、今後のプレーに注目が集まる。