欧州チャンピオンズリーグの決勝ラウンド16の2ndレグ、FCバルセロナ対チェルシーが15日4:45(日本時間)にカンプ・ノウでキックオフを迎え、メッシの2ゴールとデンベレのゴールでチェルシーに3-0で勝利。FCバルセロナがベスト8へと駒を進めた。

試合は前半3分に動いた。メッシがドリブルで右サイドを崩しにかかる。細かいパスワークからPA内に侵入し最後はメッシが右足を振り抜きGKの股を抜くシュートでゴールネットを揺らした。(1-0)

続く20分にはメッシが高い位置でボールを奪う。そこからドリブルで2人置き去りにし、右サイドを駆け上がったデンベレへラストパスを送る。パスを受けたデンベレは思い切り右足を振り抜きゴールを奪った。(2-0)

対するチェルシーもウィリアン中心に反撃を試みるもゴールは奪えず。バイタルエリア中央からのマルコス・アロンソのFKは1stレグ同様ポストに阻まれた。

63分にはメッシが再び躍動。高い位置でスアレスがボールを奪いゴールへ向かい駆け上がったメッシにラストパス。パスを受けたメッシは相手を3人引きつけながらも、次は左足でGKの股を抜くゴールを決めた。(3-0)
メッシはこのゴールでCL通算100ゴール目を記録した。

バルサは1stレグを含め、4-1でチェルシーに勝利し8強入りを果たした。