2018年4月17日のSPORT一面を飾るのは、CLのローマ戦で敗戦したバルサの選手たち。

バルサの中心選手達はローマで起きた無惨なチャンピオンズリーグ敗退を分析した。 

①チームは非常に良い形でシーズン終盤を迎えたと考えている。 

②控えメンバーの貢献度が低かった事を認識 

③中盤にトップレベルの選手の補強がない事を寂しく思う。 

④クラックを獲得し、競争力を高める事が必要 

"可能な限り早くリーガを勝ち取るために" 、一試合一試合に取り組む。

バルベルデはセルタ戦でローテーションを行い、ブスケツ、ピケ、イニエスタを温存する。 

※聖なる牛はバルサの中心選手を指す、インドで牛が神聖な存在とされていることの例え。