FCバルセロナは、リアソールでのリーガ第35節デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦(2-4)に勝利し、2017/18シーズンのリーグ王者となっている。バルサは、これで25度目のリーグタイトルを獲得し、バルサ史上8度目の2冠を達成している。

【ハイライト動画 バルサがリーガ制覇!メッシがハットトリックの活躍】

バルサは、4試合を残してリーグ制覇を決め、ここまでの34試合負け知らずである。この記録が監督エルネスト・バルベルデ率いるバルサの強さを表しており、監督就任1年目にして素晴らしい数字を残しているが、唯一の汚点はチャンピオンズリーグ準々決勝ローマ戦での敗退である。

監督バルベルデは、テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、セルヒオ・ブスケツ、ラキティッチ、イニエスタ、レオ・メッシ、ルイス・スアレスという10選手を中心に今シーズンのチームを作っている。そして、11人目の選手は、試合や状況に応じて変更されている。デンベレは、怪我によりシーズン序盤は出場機会があまり確保されず、1月に加入したコウチーニョが確固たる地位を築き始め、パウリーニョの出場機会が減少している。

■ローテーション
監督バルベルデは、あまり多くのローテーションを組むことはなく、慎重に変更を加えていた。間違いなく、控え組の低調なパフォーマンスも影響している。なお、チャンピオンズリーグ準々決勝ローマ戦1stレグに4−1で勝利していたにもかかわらず、2ndレグで3−0で敗退した時に大きな失態を犯している。

しかし、バルサは、サンティアゴ・ベルナベウで0−3で勝利したようにリーグ戦で素晴らしい結果を残している。4試合を残して、26勝8分で獲得可能勝点102のうち86(84.3%)を獲得している。また、ゴール数が87であるのに対して失点数はわずか20である。そして、メッシがトップスコアラーであり、32ゴールを挙げている。

【第34節までの全ての結果】
第1節: FCバルセロナ - ベティス, 2-0
第2節: アラベス - FCバルセロナ, ​​0-2
第3節: FCバルセロナ - エスパニョール, 5-0
第4節: ヘタフェ - FCバルセロナ, ​​1-2
第5節: FCバルセロナ - エイバル, 6-1

第6節: ジローナ - FCバルセロナ, ​​0-3
第7節: FCバルセロナ - ラス・パルマス, 3-0
第8節: アトレティコ・マドリード - FCバルセロナ, ​​1-1
第9節: FCバルセロナ - マラガ, 2-0
第10節: アスレティック・ビルバオ - FCバルセロナ, ​​0-2

第11節: FCバルセロナ - セビージャ, 2-1
第12節: レガネス - FCバルセロナ, ​​0-3
第13節: バレンシア - FCバルセロナ, ​​1-1
第14節: FCバルセロナ - セルタ, 2-2
第15節: ビジャレアル - FCバルセロナ, ​​0-2

第16節: FCバルセロナ - デポルティーボ・ラ・コルーニャ, 4-0
第17節: レアル・マドリード - FCバルセロナ, ​​0-3
第18節: FCバルセロナ - レバンテ, 3-0
第19節: レアル・ソシエダ - FCバルセロナ, ​​2-4
第20節: ベティス - FCバルセロナ, ​​0-5

第21節:FCバルセロナ - アラベス, 2-1
第22節: エスパニョール - FCバルセロナ, ​​1-1
第23節: FCバルセロナ - ヘタフェ, 0-0
第24節: エイバル - FCバルセロナ, ​​0-2
第25節: FCバルセロナ - ジローナ, 6-1

第26節: ラス・パルマス - FCバルセロナ, ​​1-1
第27節: FCバルセロナ - アトレティコ・マドリード, 1-0
第28節: マラガ - FCバルセロナ, ​​0-2
第29節: FCバルセロナ - アスレティック・ビルバオ, 2-0
第30節: セビージャ - FCバルセロナ, ​​2-2

第31節: FCバルセロナ - レガネス, 3-1
第32節: FCバルセロナ - バレンシア, 2-1
第33節: セルタ - FCバルセロナ, ​​2-2
第34節: デポルティーボ・ラ・コルーニャ - FCバルセロナ, ​​2-4