FCバルセロナ監督のエルネスト・バルベルデはリーガ最終節ソシエダ戦を1-0で勝利し、バルサでのアンドレス・イニエスタの最終戦となったこの一戦を特別な思いがよぎったと述べた。

【ハイライト動画 イニエスタのラストマッチ】

試合後、監督バルベルデは 「アンドレスの交代時のファンの声援は本当に感動的だった。あの光景はアンドレスがこれまでに積み上げてきた功績を現していた。彼はこのクラブにすべてを捧げてきたんだ。」と語った。

バルベルデはイニエスタのプレーを次ぎのように振り返った。「アンドレスはピッチで特別な魔法を使うことができる。彼はとても難しいことをいとも簡単にやってのけてしまう。そして、それは彼のフットボールの本質であり、彼は私たちが何を求めているのか理解している。」

81分にイニエスタを交代させた決断について、バルベルデは次のように付け加えた。「いつ交代するのがベストな瞬間かは分からないが、試合が終わりに近づくころだと考えていた。レオ(メッシ)と交代させようか考えたが、ファンは最後にアンドレスとレオが一緒にプレーすることを望んでいたんだ。」

最後に、バルベルデはイニエスタを指導できたことが「特権」であると述べた。 「彼と一緒に働くことができたのは私の特権だ。皆がアンドレスのような選手と仕事がしたいと思っている。彼のようなプレイヤーはそう現れるものではない。私は本当に幸運だったよ。」