FCバルセロナの元会長ジョアン・ガスパールは、ネイマールのバルサ復帰を支持している。

『Cadena SER』の番組に出演したガスパールは「ネイマールは、特別な選手である。ただ、バルサからの彼の去り方は歓迎できるものではなかったが、パリ・サンジェルマン(PSG)は、やるべきことをやり、よりいい契約条件を提示した。ただ、我々にとっては受け入れ難かったし、ファンにとっても納得のいくものではなかった」と語っている。

ガスパールは、「今、ネイマールは、バルサを離れたことが間違いだったと理解し、復帰を望んでいる。当時、我々は、すごくがっかりさせられたが、どうすべきなのだろうか?彼のミスを非難し続けるのか?」とも付け加えている。

■将来の振る舞い
ガスパールは、ネイマールによって払われる金額について言及はしなかったが、「彼の振る舞いに対する罰を含む契約にサインさせるべきだ。ネイマールもお金を失うのは、嫌なはずだ。しかし、時としてネイマールは、我々のクラブ哲学に反することもする」と語っている。

さらに、ネイマールの件について、「ネイマールがその失敗を認めることで解決できるプライドの問題があるかもしれないが、バルサは、プライドではなく、タイトルを勝ち取るかそうでないかで選手を評価する。もし、ネイマールが3ゴール決めれば、スタジアムのファンも彼を称賛するよ」とガスパールは、説明している。