ネイマールの一件について新たな展開が生まれている。移籍市場はここ数日の間、これまでにないほど加熱した状態を迎えており、あるチームがとどめの一撃を刺す準備をしている可能性がある。

我々が話しているのはユヴェントスのことであり、イタリアからはルイス・スアレスとネイマール、そしてパウロ・ディバラを含んだラ・ヴェッキア・シニョーラのメガディールが指摘されている。

イタリアメディアは、ユヴェントスがネイマールとのトレードでディバラをPSGに放出し、続いてルイス・スアレスの獲得に取り掛かると報じている。

『Tuttosport』によると、このオペレーションは月曜日に行われたユヴェントスのSDファビオ・パラティチと、FCバルセロナの幹部達による会議中に提案されたもののようである。

同紙の情報によると、SDパラティチはバルサに対し、自身のクラブがスアレスに関心を示していることを伝えたとされている。

イタリアメディアの情報をさらに引用すると、このオペレーションは、驚きの結末を迎える可能性があり、ネイマールとスアレスがユヴェントスでクリスティアーノ・ロナウドと共演するかもしれない。