ネイマールがFCバルセロナでのプレーを望んでいることは公然の秘密である。問題は彼の気持ちを天秤にかけるには十分ではないということだ。

今のところ、バルセロナの会長ジョゼップ・マリア・バルトメウの無謀な企てにもは、パリ・サンジェルマン(PSG)の要求に届いていない。

何も公表されていない中、ネイマールの周囲は、選手本人の望みを明らかにするために、バルサに対し暗黙の合図を送っている。

最近、その行為を見せたのはネイマールとは切っても切り離せない関係にある友人で、『TOISS』のメンバーとして知られるディエゴ・カントである。

彼はインスタグラムに、バルサが2015/16シーズンに獲得したトロフィー(CL、リーガ、ヨーロッパ・スーパーカップ、クラブW杯)と共に、他のメンバーとネイマールが写った写真をポストしている。

「忘れることのできない夜」とメッセージを添えている。ネイマールと共にやってきた親友の一人は、意味ありげな行動を見せている。