16歳の青年がカンプ・ノウのピッチに投入されたとき、アンス・ファティの父親ほど幸せな人はいなかっただろう。彼は涙を堪えることができなかった。

息子アンスのクラブ史上2番目の若さでのデビュー(16歳300日)とバルサの勝利(5-2)の後、ボリ・ファティはメディアから最も人気のある人物の1人であった。この才能ある青年選手の父親は、息子アンスがトップチームへ招集された時のことを明かしている。

「私の携帯電話はサイレントモードだったから、私は連絡が来たことに気づかなかった。その後、息子は妻に電話をかけ、『お母さん、僕はトップチームに行くよ。興奮しているけど、まだ信じられないよ...』」

さらに続けて、「『お父さん、今は何も手につかない。食欲もないし、興奮して寝付けないよ。僕はアイドルかな?』」とその時の様子を『RAC1』のインタビューで明かしている。

そして、ベティス戦で息子アンスのデビューを見届けたボリ・ファティは、「私はもう死んでもいい。こんな感情は初めてだ」と感極まった様子で語っている。

■マドリーからのトップオファー
アンスの父親は、ラ・マシアのディレクターを務めるアルベルト・プッチがセビージャにある自宅を訪れた時の事を回想しながら明かしている。

「アンスはレアル・マドリーから経済的にはるかに好条件のオファーを受け取っていたが、我々はアルベルトの話を聞き、バルサの野心とプロジェクトを好んだ。あの時は数年後にファティがここ(カンプ・ノウ)でプレーしているなんて思ってもみなかった。彼が懸命にフットボールに励んでいることはわかっていたが、ビースト達とプレーするなんて想像もしなかった」と語っている。