2年前と同じ質問をされたアルトゥーロ・ビダルは、もうその質問を受け入れられなかった。
バルセロナでプレーしている時、彼は質問に答えようとはしなかったが、チリ代表チームでプレーする今、ビダルは自身のインスタグラムのアカウントで想いを示した。


彼の投稿は母国のマスコミを警告するものであり、メディアはそれを餌にクラウディオ・ブラボとの関係について再び議論している。
「平凡なジャーナリストは、他の場所で問題を探してください」と、ビダルは自身のインスタグラムのストーリーに投稿し、「チリは1つだ」と付け加えた。


「同MFの誇張表現ではないか?」それとも「チリのスターとブラボの間に新たな問題が生じているのか?」と、メディアの議論は高まるばかりだ。


ビダルとブラボについて尋ねられたギジェルモ・マリパンは、次のように述べた。
「私たちはこの問題について2年間も話し合い、議論は終わった。そのテーマについて尋ねられると、説明するのは大変で、きっと10日間必要だろう。物事は議論されるものだろうし、すべてがうまくいくだろう」


一方、メネセスは次のように述べている。
「私は最初の代表招集でビダルと、2回目にブラボとプレーした。 彼らは偉大な選手であり、偉大な人間だ。彼らの間には良好な関係があり、二人は結実すると思う。彼らの存在を利用して学ぶ必要がある」

乾貴士、久保建英、香川真司ら出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部はWOWOWで。 
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>​