ズラタン・イブラヒモビッチのLAギャラクシーでのキャリアは、すでに終わりを迎えている。2シーズンをLAギャラクシーで過ごしたイブラヒモビッチの退団が公にされている。もちろん、イブラヒモビッチの別れは、今までになくイブラヒモビッチらしいものになっている。

元FCバルセロナのイブラヒモビッチは、自身のソーシャルメディアで「私は、舞い降り、見極め、征服した。再び生きがいをくれてありがとう、LAギャラクシー。LAギャラクシーのファンは、イブラヒモビッチを愛し、私は、イブラヒモビッチを彼らに与えた。どういたしまして。物語は続く。今は、とりあえずベースボールでも観戦に行ってくれ」と綴り、LAギャラクシーとメジャーリーグサッカー(MLS)に興味深いメッセージと共に別れを告げている。

イブラヒモビッチは、LAギャラクシーで58試合に出場し、54ゴール15アシストを記録している。ただ、LAギャラクシーにリーグタイトルをもたらすには至っていない。なお、MLSのコミッショナーを務めるドン・ガーバーが『ESPN』のインタビューで明かした内容によれば、38歳のイブラヒモビッチは、ミランと再び契約するようである。

38歳という年齢にもかかわらず、イブラヒモビッチをヨーロッパのクラブが忘れることはなく、ボローニャ、フィオレンティーナ、ユヴェントス、ミラン、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していた。また、これらのヨーロッパのクラブに加え、ボカ・ジュニアーズも興味を示していた。しかし今回、最終的にミランがイブラヒモビッチ獲得レースを制したようである。

今回、イブラヒモビッチのミラン加入が決まれば、2010〜2012年の間ミランに在籍していたイブラヒモビッチにとっては、2度目の加入となる。当時のイブラヒモビッチは、85試合に出場し、67ゴール24アシストを記録し、スクデット(イタリアのリーグタイトル)とスーペルコッパ・イタリアーナを制している。

歳という年齢にもかかわらず、イブラヒモビッチをヨーロッパのクラブが忘れることはなく、ボローニャ、フィオレンティーナ、ユヴェントス、ミラン、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示していた。また、これらのヨーロッパのクラブに加え、ボカ・ジュニアーズも興味を示していた。しかし今回、最終的にミランがイブラヒモビッチ獲得レースを制したようである。

 

今回、イブラヒモビッチのミラン加入が決まれば、2010〜2012年の間ミランに在籍していたイブラヒモビッチにとっては、2度目の加入となる。当時のイブラヒモビッチは、85試合に出場し、67ゴール24アシストを記録し、スクデット(イタリアのリーグタイトル)とスーペルコッパ・イタリアーナを制している。