サッカーの王様と呼ばれた元ブラジル代表のストライカー、ペレが、1,000ゴール達成から50周年を記念した特集で、イタリアの『La Gazzetta dello Sport』紙のインタビューに答えた。

1969年11月19日にマラカナンスタジアムで行われたCRヴァスコ・ダ・ガマ戦で、ペレは1,000ゴールを達成した。
しかし、ここ数年間ペレの健康状態はサッカーファンたちを心配させている。

「いくらかの痛みはあるものの、良好だよ。しかし、まるで神様が私にこれまでのツケを回しているような感じだね」
またペレは自身のサッカー選手としての輝かしいキャリアについて次のように語った。

「ジョバンニ・トラパットーニは私が戦った中でも最高のディフェンダーであり、動じることなく正確だった」
またアルゼンチン代表やイングランド代表が非常にアグレッシブだったと明かし、「何度彼らに蹴られたことか...」と回想した。

ペレは現代の選手たちに関して、クリスティアーノ・ロナウドを称賛し、ネイマールの復活を祈っているとコメント。そして、「メッシと一緒にプレーしてみたかった」と語ったが、誰が現在最高の選手かについては発言を控えた。