アンドリュー・ロバートソンは疑うことなく語った。「ジョルディ・アルバは世界最高のサイドバックだ」とリヴァプールに所属する同DFは『ESPN』への発言の中で認めている。

CLを制覇し、プレミアリーグではグアルディオラのマンチェスター・シティと僅か1ポイント差で2位となったリヴァプール。
ユルゲン・クロップのセンセーショナルなシーズンは、ヨーロッパのチームのベストメンバーの選考にも影響している。『ESPN』は疑うことなくロバートソンと彼のチームメイトであるトレント・アレクサンダー=アーノルドをそれぞれのSBとしてベストメンバーに選出している。

リヴァプールにおいてドイツ人監督が起用しているこの2人のSBは、攻撃の厚みを加えるために効果的なオーバーラップを見せ、相手にとって正真正銘の脅威となっている。

25歳の同スコットランド人は、2017年にハル・シティからリヴァプールに加入している。現在はクロップにとって絶対的な選手となっている。彼のポジションにおいて、最も優れたSBに選出された後、同選手は『ESPN』のインタビューで、今回の栄誉に対する感謝の言葉を述べ、「世界一のサイドバックはジョルディ・アルバである」とも語った。