12月2日に行われるバロンドール2019の授賞式を前に、すでに複数の選手がそれぞれの意見を公にしている。

その中の一人であるパリ・サンジェルマンのFWキリアン・エムバペは、レオ・メッシを推している。

『Spiegel』のインタビューに応えたエムバペは、「個人的な要素でみれば、メッシが今シーズン最も優れたパフォーマンスを見せている」と語った。

メッシ個人のシーズンとしては素晴らしいものになっており、エムバペは、それを言葉で表現した。

エムバペ本人もバロンドール候補の一人であり、今後、この賞を複数回に渡って受賞するかもしれない。

弱冠20歳のエムバペは、すでにPSGとフランス代表を引っ張る存在となっており、今夏のユーロ2020で活躍を見せれば、来シーズンのバロンドール受賞の可能性は大いに高くなるだろう。

【12月19日4時K.O.クラシコ観戦会】申込フォームはココ!