レオ・メッシは今シーズン最も厳しい試合の一つであったアトレティコ・マドリー戦で試合を決定づけるゴールを決めた後、パリのシャトレ劇場で史上最多6度目のバロンドールを受賞した。

メッシは今シーズンのリーガ9ゴール目を記録し、現在10得点で得点ランクトップに立つカリム・ベンゼマを射程圏内に捉えた。

メッシはワンダ・メトロポリターノで初ゴールを決め、輝かしいキャリアに新たな1ページを刻んだ。アトレティコの新スタジアムは、レオが得点を決めたリーガ1部37番目のスタジアムとしてリストに加わった。
レオは現在リーガ1部に所属する全20クラブのスタジアムで得点を決めている。

メッシはアトレティコ戦が得意であり、以前のアトレティコの本拠地ビセンテ・カルデロンでは、すでに8つのゴールを決めていた。

当然だが、メッシが最も多くのゴールを決めたスタジアムはカンプ・ノウである。ホームで彼は246ゴールを決めている。アウェイでは182ゴールという記録を残している。

これらの数字と得点能力により、レオ・メッシはすでに6つのゴールデンブーツを獲得している。

アウェイで最もゴールを決めているのはデポルティボ・ラ・コルーニャのリアソールである。
メッシは、これまでにプレーしたリーガの42スタジアムのうち、5つのスタジアムで得点できていない。
今後、これらの記録を更新することを望んでいる。

■メッシが得点していない5つのスタジアム

ラ・コンドミナ(ムルシア)
ヌエボ・ロス・パハリトス(ヌマンシア)
ムニシパル・デ・チャピン(ヘレスCF)
カルロス・ベルモンテ(アルバセテ)
ラモン・デ・カランサ(カディス)

■メッシが得点した全スタジアムとゴール数
カンプ・ノウ(FCバルセナ)246得点

リアソール(デポルティボ・ラ・コルーニャ)13

ラモン・サンチェス・ピスフアン(セビージャ)12

サンティアゴ・ベルナベウ(レアル・マドリー)11

シウタ・デ・バレンシア(レバンテ)10

メスタージャ(バレンシア)9

ビセンテ・デ・カルデロン(アトレティコ・マドリー)8
バジェカス(ラージョ・バジェカ−ノ)8
イプルア(エイバル)8

エル・サダール(オサスナ)7
ベニート・ビジャマリン(レアル・ベティス)7
エル・サルディネロ(ラシン・サンタンデール)7
ラ・ロマレーダ(レアル・サラゴサ)7

コリセウム・アルフォンソ・ペレス(ヘタフェ)6
フエゴス・メディテラネオス(アルメリア)6
エル・マドリガル(ビジャレアル)6
ソン・モイシュ(マジョルカ)6
ラ・ロサレダ(マラガ)6

アノエタ(レアル・ソシエダ)4
エル・モリノン(スポルティング・ヒホン)4
サン・マメス(アスレティック・ビルバオ)4
RCDEスタジアム(エスパニョール)4

ヌエボ・ロス・カルメネス(グラナダ)3
メンディソローサ(アラベス)3
ヌエボ・アルカンヘル(コルドバ)3

ホセ・リコ・ペレス(エルクレス)2
ブタルケ(レガネス)2
ホセ・ソリージャ(バジャドリー)2
ノウ・エスタディ(ヒムナスティック・タラゴナ)2
エリオドロ・ロドリゲス・ロペス(テネリフェ)2
マヌエル・マルティネス・バレーロ(エルチェ)2
バライードス(セルタ・デ・ビーゴ)2
ヌエボ・コロンビーノ(レクレアティーボ・ウエルバ)2

グラン・カナリア(ラス・パルマス)1
モンジュイック(RCDエスパニョール)1
モンティリビ(ジローナ)1
ワンダ・メトロポリターノ(アトレティコ・マドリー)1