現地時間12月2日、レオ・メッシが史上最多6度目のバロンドールを獲得した。
 FCバルセロナのアルゼンチン人FWは、2015年以来、4年ぶりに世界最高の選手として再びこの賞を受賞した。

1956年にフランスのサッカー専門誌『France football』が創設したバロンドールは、これまでメッシとクリスティアーノ・ロナウドが5度の受賞で並んでいた。
そして今回、バルセロナの10番が史上最多となる6度目の受賞を達成している。

レオは、妻アントネラと長男チアゴ、次男マテオ、そしてFCバルセロナの会長ジョゼップ・マリア・バルトメウと共にプライベートジェットでパリに到着した。

メッシは、すでに2019年のFIFA年間最優秀選手賞“The Best”と欧州得点王“ゴールデンブーツ”を獲得しており、今日、新たに世界最高を意味する“バロンドール”を受賞した。

【12月19日4時K.O.クラシコ観戦会】申込フォームはココ!