ユベントス指揮官サッリはチームの中盤を強化したいと考えており、1月にマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバの獲得を熱望しているという。

スールシャールのチームでは怪我もあり、試合に出場できていないポグバ。復帰した前節のワトフォード戦では64分に途中出場を果たすも、最下位相手に0-2で敗北した。

『Tuttosport』によると、ポグバは既にユヴェントスに戻ることを受け入れているという。ユーヴェはユナイテッドに対して、6,000万ユーロ(約73億円)とエムレ・ジャンの譲渡での獲得を狙っている。

監督サッリはマトゥイディ、ピャニッチ、ポグバの3枚で中盤を組ませたいようだ。しかし、負傷離脱中のケディラが戻ってきた場合、ラムジー、ラビオ、ベンタンクールと中盤の人数が飽和状態になってしまいそうである。