誰もが期待していた光景が実現した。久しぶりに、メッシ、スアレス、ネイマールの“MSN”が、ルイス・スアレスと彼の妻ソフィア・バルビが主催した二人の結婚10周年パーティーで顔を合わせた。

パーティーは、ウルグアイのプンタ・デル・エステで開催され、スアレスに近い著名人や友人ら160人が招待された。

会場に到着した最初のゲストの一人だったネイマールは、カメラを持って以前のチームメイトであるFCバルセロナの選手達とセルフィーを撮り、過去10年間で最も危険なトリデンテを再結成した。

バルセロナ復帰の可能性があるという噂の中で、ネイマールは、彼ら三人がピッチ内外問わず素晴らしい関係を築いていた事を再び思い起こさせた。

バルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)はチャンピオンズリーグのラウンド16に残っている。両チームが勝ち上がれば準々決勝で対戦する可能性がある。

MSNは2016-17欧州CLラウンド16で、PSG相手にカンプ・ノウで歴史的勝利(6-1)を演出した張本人であり、以前ネイマールはその試合を「キャリア最高の試合」と語っている。

来年の夏に何が起こるかは誰にもわからないが、メッシ、スアレス、ネイマールが形成したトリデンテは他に類を見ないものだった事に疑いの余地はない。


MSN再結成 [写真/@Invictos Somos]