英国メディアはオーバメヤンの移籍先としてバルサだけではなくミランやレアル・マドリーも挙げている。

アーセナルの主将ピエール=エメリク・オーバメヤンがここ最近のバルサ移籍の噂に言及した。英国メディアはここ数週間にわたり盛んにオーバメヤンのバルサやインテル・ミラノ、レアル・マドリーへの移籍の噂を報じているが、オーバメヤン本人がこれらの噂をはっきりと否定した。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバー、ロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

「また僕はメディアが僕について報じているいくつかの噂について回答したい。物語をでっちあげるのが好きな者たちは、ピッチで起きている事実に集中するべきだと思う。あまりにも噂が多すぎてイライラする!僕はアーセナルの主将でこのクラブが好きだ。僕は責任を持ち必死にこのクラブをトップに持ち上げようとしている」とオーバメヤンは厳しくメディアを批判した。

アーセナルの主力選手の一人オーバメヤンは、同クラブの指導者ミケル・アルテタと共にウナイ・エメリ時代に失われたクラブの輝きを取り戻そうと戦っている。