11日(土)、ヴィッセル神戸は清水エスパルスからブラジル人FWのドウグラスを獲得したことを正式に発表した。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

32歳の同FWは、過去に徳島ヴォルティスや京都サンガ、サンフレッチェ広島などでもプレーし、各チームで得点を積み重ねてきた。
昨季は清水でリーグ戦30試合に出場し、14得点4アシストをマークしている。

神戸は元旦に行われた天皇杯決勝を最後に現役引退を表明した元スペイン代表ダビド・ビジャの穴埋めとしてこのブラジル人ストライカー獲得へ踏み切った。

ドウグラスは神戸の公式サイトを通じて、「ヴィッセル神戸の一員になれて嬉しく思いますし、神戸で幸せな時間を過ごしたいです。これからサポーターの皆さんとたくさんの嬉しい瞬間を作りたいと思います。チームの目標が達成出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いします。一緒に戦いましょう」とコメント。

また、古巣となった清水へも公式サイトを通じて、「1年半、清水エスパルスでプレーする機会を与えてくれたクラブ関係者に、本当に感謝しています。そしてサポーターの皆さん、素晴らしい応援をいただき、心から感謝しています。素晴らしい瞬間がたくさんありましたが、これからは違う道に進んで、新しいチャレンジをしたいと思います。これまでの1年半、心からありがとうございました」と感謝の意を伝えた。