FCバルセロナ監督就任後初めての記者会見において、キケ・セティエンがチーム全体だけではなく選手個人についてコメントした。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

バルサ監督就任後初めての公式記者会見で、セティエンはアルトゥーロ・ビダルと言った選手たちの役割について言及した。
「トレーニング開始前に彼と会話をした。彼が果たすべき役割を説明した」と監督は切り出した。

「強化部門は秩序に重きを置いている。アルトゥーロ・ビダルやそのほかの選手は時々自分のポジションでプレーできないこともある。我々の仕事はこの欠点を補修し、攻撃や守備の均衡を図ることだ。守備と攻撃をするためには秩序が大切だ。我々は最終的に秩序を実現できると信じている」

「すべての選手に等しくプレーするチャンスがある。しかし幾人かの選手はその他の選手より高いレベルにいる」と監督は述べた。