『Radio Monte Carlo』によると、カリム・ベンゼマはレアル・マドリーとの契約を2022年6月まで1年間延長する。

【1月26日(日)0時K.O. バレンシア対バルセロナ観戦会】
会場は新宿駅近スポーツバーのロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

ベンゼマは、数週間前にクラブとの交渉で合意。給料面も大幅に向上し、シーズンの終わりに契約延長に正式サインする。

このように、レアル・マドリーの会長フロレンティーノ・ペレスは、チームのトップスコアラーを確保し、ベンゼマの同胞で一番の支持者である監督ジダンの道筋を安定させている。

ベンゼマは今シーズン、26試合で16ゴール7アシストを記録し、ラ・リーガの得点王争いでは、14ゴールで首位のレオ・メッシとは2点差の2位に付けている。

ベンゼマは、リヨン(2004〜2009年)で5年間過ごした後、サンティアゴ・ベルナベウで11年目を迎え、スポーツキャリアの素晴らしい32年間を生きている。

レアル・マドリーでは、4つのチャンピオンズリーグ、4つのクラブワールドカップ、3つのヨーロッパ・スーパーカップ、2つのリーガタイトル、2つの国王杯タイトル、3つのスペイン・スーパーカップで優勝している。