アルトゥーロ・ビダルはカンプ・ノウで行われたレバンテ戦(2-1○)欠場を余儀なくされている。チリ人MFは左太腿を負傷したため、招集外となっていた。

【2月23日0時K.O.バルサ対エイバル観戦会】
会場は恒例のロスカボス新宿店
詳細&申込フォームはこちら!!

ビダルは試合前の2回のトレーニングセッションに参加せず、個別のトレーニングを実施していた。

バルセロナは、コパ・デル・レイのアスレティック戦と次節ベニート・ビジャマリンでのベティス戦にはビダルが復帰できると予想している。

クラブがレバンテ戦前に発表したメディカルレポートによると、「トップチームの選手アルトゥーロ・ビダルは左上腿に打撲傷を負いました。程度は軽く、負傷の治り具合により、離脱期間が決まることになります」と伝えている。