アンドレス・イニエスタは、今週金曜日に完全公開される『FourFourTwo』のインタビューで、ペップ・グアルディオラの姿を称賛した。

この公開に先立ち、イニエスタは現在マンチェスター・シティ監督との経験を振り返っている。FCバルセロナのベンチで困難なスタートを切ったイニエスタは、CDヌマンシア戦敗北とラシン・サンタンデール戦のドローによって、グアルディオラのプロジェクトに疑問が生じた時のことを語った。

「バルサのプレッシャーは非常に高い。私は12歳の時から選手であったが、監督のプレッシャーはさらに高い」とイニエスタは説明する。ロッカールーム内では疑いの余地はなかったが、ファンは満足していなかった。経験のない監督にとっては簡単なことでなく、彼を批判した人はプレシーズンを見ていない。選手たちは彼に従い、我々は以前よりも明確なスタイルを気に入った」

「最初は彼にとって簡単ではなかったが、少なくとも何も変えないことを彼に伝えることができた」

そしてイニエスタは常に彼のそばにいたことを思い出し、「私は自分が何を望んでいたか、良好なコミュニケーションができたのは明らかだ」と述べた。

彼からの影響を受けたバルサは、その後の20試合のうち19試合に勝つという伝説を作り上げ、6つの大会で優勝した最初のチームにとなった。

「グアルディオラはすべてを変えた。他とは違った切り口で物事を考え、常に新しいアドバンテージを探していた」と、“バルサ監督グアルディオラ”が世界のサッカーに与えた影響を思い起こし、イニエスタはこう語る。

「彼は我々に、『もし自分(グアルディオラ)を信じ、自分の言ったことをすれば、勝てるだろう』と言い、その通りになった。他のチームはサッカーを進化させながら、彼がしたことを真似し始めたんだ」



エイバル戦申込はこちら!

ナポリ戦申込

クラシコ申込