チリを代表するストライカーで、レアル・マドリーやインテル・ミラノでのプレー経験もあるイバン・サモラーノが、同胞の後輩アルトゥーロ・ビダルに関して、今年の夏バルサを退団すると予言した。

「監督アントニオ・コンテにとってアルトゥーロ・ビダルがどういう存在なのかはみんなよく知っている。6月にインテルがビダル獲得に打って出ることは確実だ。ファンも皆ビダルのインテル加入を望んでいる」

サモラーノは数日前にも「6月にインテルは2人目のチリ人選手を手に入れるだろう。アレクシス・サンチェスにはインテルに残留して欲しい。もうすぐ同郷の選手が一人加入するのだから」とも述べている。

インテルのビダル獲得への関心は以前から知られている。インテルのゼネラルマネジャーを務めるジュゼッペ・マロッタは、今年1月に「アルトゥーロ・ビダルはインテルの本命の一人だ。我々はチームをより良くするために努力をしているが、その為には偉大な選手が必要だ」と語り、ビダル獲得の意思を明らかにしている。


【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込
ナポリ戦
レアル・マドリー戦