アンドレス・イニエスタは、FCバルセロナの歴史の中で最も最近のレジェンドの1人だ。イニエスタは、バルサがタイトルを獲得するための鍵であっただけでなく、永遠に語り継がれるであろうオランダ代表との2010年W杯決勝でのゴールなど、スペイン代表の唯一のワールドカップ優勝にも大きく貢献した。

イニエスタがプロとしてのキャリアで成し遂げた大きな成功の一つは、常にピッチ外で大いに愛されてきたという事実だ。その証拠として、バルサ、つまり、リーガから彼が去り、ヴィッセル神戸へ移籍した時には、多くのスタジアムで彼に拍手が送られた。今、彼は再びリーガのプロモーションを支援することにより、彼の素晴らしさを実証している。

「価値のあるユニホーム、みんなのユニホーム!」というメッセージと共に、イニエスタは新しいユニホームを着用し、ラ・リーガ・ヘヌイネの公式イメージキャラクターに就任したことを明かした。

ラ・リーガ・ヘヌイネとは、ラ・リーガが基金をもとに組織したもので、知的障害を持つ人々のチームで構成されるサッカーチームで構成されている。



【バルサ戦観戦会3連発】
エイバル戦の申込締切:2月22日(金)17時まで
ナポリ戦:24日(月・祝)23時59分まで
レアル・マドリー戦:29日(土)17時まで