ジネディーヌ・ジダンは、彼のチームがレアル・ベティスのピッチで負けた試合(2-1)を「今季最悪のゲーム」とみなし、「自分たちの持つレベルで戦えていないとき、事態は複雑になる」と振り返っている。

「最初から最後まで悪い試合をした。時間がかかり、多くのボールを失った。プレーが問題ではないものの、我々は満足できない。何が起こったのか説明することはない」とジダンはコメントした。

チーム・ブランコの監督は、選手たちが「何度かトライしていたものの、何も結果はついてこなかった」と述べ、レアル・マドリーには「すべてが欠けていた」と考えている。この貧弱なパフォーマンスを「非難」しているジダンだが、「シーズンは順調だ」と述べた。

「我々はまだ前進できる。今日は残念だったが、まだ11試合が残っており、リーグの最後まで続く。勝つための試合をしていない。私の責任だ。私はいつも選手を守るし、何かを言わなければならないなら、私は彼らに直接話す」とジダンは発言を締めくくった。