夏の移籍市場で最も注目を集める選手の一人がピエール=エメリク・オーバメヤンだ。

アーセナルとの契約満了が2021年6月に迫るオーバメヤンだが、契約更新のニュースはない。アーセナルはゼロ円移籍を避けるために売却することを余儀なくされる。オーバメヤンの獲得を狙いヨーロッパの強豪クラブが競うことになるだろう。

英国紙『Metro』によれば、マンチェスター・ユナイテッドがオーバメヤンにオファーを送るとしている。提示金額は約5,500万ユーロ(約65億円)と予想される。

数多くのクラブがこのガボン出身のアタッカーに注目している。インテル・ミラノはラウタロ・マルティネスの後任としてオーバメヤンを狙い、パリ・サンジェルマンも関心を示している。そしてFCバルセロナもまたネイマールに代わる候補としてオーバメヤンを検討している。