プレミアリーグ、イングリッシュフットボールリーグ(EFL)、プロフットボール選手協会(PFA)は27日(金)に会議を行い、今シーズンの残りの試合をどのように取り組むか話し合った。

ヨーロッパの他のリーグと同様にイギリスのプロサッカーもコロナウイルスの影響により、中断している。

「プレミアリーグ、EFL、PFAはイングランドでのプロサッカー中断による経済的影響を緩和するために難しい決定を下す必要があるとし、解決策を共有することで合意した」と発表した。

「リーグは早くても4月30日まで再開されない。それが安全だと決まった時だけ、再開する。リーグ、クラブ、選手、スタッフ、ファンが直面する困難な状況を解決するための共同計画を作るため、来週さらに会議を開催する」と解決策を模索していることを語った。