FCバルセロナのスポーツディレクター(SD)であるエリック・アビダルとテクニカルスタッフはイタリアの市場に注目している。

SPORTが以前から伝えているように、バルサはインテルのラウタロ・マルティネスを望んでいるが、『Tuttosport』によると、ステファノ・センシにもバルサは注目しているという。

センシは現在サッスオーロからレンタル移籍でインテルに加入している。そして、インテルは2,000万ユーロ(約24億1,000万円)でイタリア人MFの買取を考えている。

バルサはラウタロとセンシの両方の獲得を考えており、その交渉にはアルトゥーロ・ビダル、ネルソン・セメド、イヴァン・ラキティッチを含めるという。

より手頃な取引を望むバルサであるが、今夏にこの移籍は実現するのか。