セルヒオ・ブスケツ、セルジ・ロベルト、フレンキー・デ・ヨング、アルトゥーロ・ビダル、イヴァン・ラキティッチ、アルトゥール、カルレス・アレニャ、リキ・プッチ、フランシスコ・トリンカオ、マテウス・フェルナンデス、ラフィーニャ、フィリペ・コウチーニョらは来シーズンのFCバルセロナでの12名のMFである。

たった3つのポジションにこれほどの選手がいるのは狂気である。

クラブと監督キケ・セティエンはこのオーバーブッキングしている状況を解決するために様々なオプションを検討している。去る選手は何人かいるかもしれない。一方で、アタッカーやディフェンスとしてプレーできる選手も存在する。(セルジ・ロベルト、コウチーニョ、トリンカオなど)

さらに、アレックス・コリャードやオリオル・ブスケツなどの若者もこのリストに加わる可能性がある。

だが、今のところこの問題を解決する策はない。

■セルジ・ロベルト
クラブは彼と話し合っているが、オファーはない。彼はMFでのオプションかもしれないが、右SBでもプレーできる。

■セルヒオ・ブスケツ
彼の給料と彼の年齢を加味すると、去ることはほとんどない。さらに彼のMFでの重要性、キャプテンとしての役割、そして何よりもセティエンとの関係はクラブに不可欠な存在だ。

■フレンキー・デ・ヨング
昨夏のビックディール。オランダ人MFは加入以降、ほとんどの試合でプレーしたが、まだ予想したレベルに達していない。しかし、彼が爆発する時間を与えることに疑いの余地はない。

■アルトゥーロ・ビダル
チリ人MFは33歳を迎えようとしており、放出候補になっている。先発ではない選手としては高額な給料なため、妥当かもしれない。インテルが以前から候補に挙がっている。

■イヴァン・ラキティッチ
彼はバルサの問題の一つだ。状況はビダルに似ており、高額な給料がネックとなっている。選手自身は退団する場合、セビージャだけにしか移籍したくないようだ。

■アルトゥール
ブラジル人MFは最近移籍の噂が立っている。移籍金は6,000万ユーロ(約70億円)とされている。将来は不透明だが、選手自身は残留を望んでいる。

■トリンカオ
個の選手はより攻撃的な役割を果たすことができる。バルサは1月に3,000万ユーロ(約35億円)を支払い、彼を獲得した。そして、今夏に加入する予定であり、彼には多くのことが期待されている。

■リキ・プッチとカルレス・アレニャ
アカデミー出身の2選手は現在ファーストチームに所属している。アレニャはレアル・ベティスへのレンタル移籍から帰還し、リキはBチームから昇格する。

■マテウス・フェルナンデス
ブラジル人MFはファーストチームでプレシーズンを行い、そのあとにセティエンが決定する。EU圏内の選手ではないため、レンタルで来季も放出する可能性が高いようだ。今シーズンはレアル・バリャドリードにレンタル移籍している。

■コウチーニョ
キケ・セティエンはMFでの活躍を期待しており、連絡を取り合っているようだ。しかし、バルサは可能であれば売却したいと考えている。どこかのクラブが獲得しなければ、彼はカンプ・ノウで2度目のチャンスを得ることになる。

■ラフィーニャ
セルタ・デ・ヴィーゴへのレンタル移籍から戻り、その後は再び放出する可能性がある。