新型コロナウイルスが世界的に感染拡大している現在、大胆な発言をすることがトレンドになっているようである。そして今回の主役であり、ブラジル代表として2002年の日韓ワールドカップ王者に輝いたFWエジウソンは、自身がレオ・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、ネイマールよりも優れていると暴言とも言える発言を公にしている。

この小柄なFWエジウソンは、キャリアを通して数多くのクラブを渡り歩いてきたものの(ヨーロッパで所属したのはベンフィカのみ)、フットボール史に特段その名を刻んでいるとは言い難い。しかし、強気の発言をするエジウソンは、「全盛期のときは、自分は、ネイマールよりも優れていた。自分よりも優れていると評価されたいのであれば、ワールドカップを制覇しないといけないね。メッシも同様に、ワールドカップを制覇しないと自分よりも優れているとは言えないね」と語っている。

なお、エジウソンは、日韓ワールドカップで4試合に出場し(2試合で先発出場)、リバウド、ロナウド、ロナウジーニョ、ロベルト・カルロスと共に戦っている。そのエジウソンは、メッシとネイマールとの比較だけでは物足りず、C・ロナウドについても言及し、「彼は、ただ強いだけだ。彼は、右足でも左足でもシュートを打てるけど、スキルでは、自分の方が上だね」と述べている。