23日に、スペイン政府のペドロ・サンチェス首相がプロスポーツ競技の再開を認めたことで、リーガ・エスパニョーラは6月8日〜14日の週に復活する。ラ・リーガの再開はファンの間で大きな関心を呼んでいる。

"華の92年組" タイで活躍する日本人選手が少人数制オンラインレッスン開催【申込はココから】

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、ラ・リーガ2019-2020シーズンは、3月8日の27節を最後(10日に24節延期分1試合実施)に中断を余儀なくされた。同7日にFCバルセロナはレアル・ソシエダに1-0で勝利し、8日にビジャマリンでレアル・マドリーがベティスに1-2で敗れたことで、ブラウグラナは2ポイント差をつけて首位に立った。

セビージャとレアル・ソシエダが、バルサとマドリーとともにチャンピオンズリーグ出場資格を有する順位を占めている。ヘタフェとアトレティコがヨーロッパリーグ出場ゾーン。降格圏のチームはマジョルカ、レガネス、エスパニョールとなる。

27節終了時点でのラ・リーガ・サンタンデール順位表は以下の通り。

1位:FCバルセロナ:勝点58
2位:レアル・マドリード: 56
3位:セビージャ: 47
4位:レアル・ソシエダ:46
5位:ヘタフェ: 同46

6位:アトレティコ・マドリー:45
7位:バレンシア: 42
8位:ビジャレアル: 38
9位:グレナダ:同38
10位:アスレティック・ビルバオ:37

11位:オサスナ:34
12位:ベティス: 33
13位:レバンテ:同33
14位:アラベス:32
15位:バジャドリード: 29

16位:エイバル・27
17位:セルタ:26
18位:マジョルカ:25
19位:レガネス:23
20位:エスパニョール: 20