レアル・ベティスはFCバルセロナと良好な関係にあり、レンタル移籍を含め、多くの選手をバルサから獲得できると信じている。

"華の92年組" タイで活躍する日本人選手が新たな取り組み

現在、カルレス・アレニャをレンタルで獲得しているベティスは、この夏にバルサの若手選手を何人か獲得したいと思っており、選手達の動向に目を光らせている。

監督ルビのチームは、アレニャをもう1シーズンのレンタル移籍を要求している。さらに、ベティスは買取オプション付けることをを望んでいるようだ。

他にもいくつかの選手に興味を示すベティスはリキ・プッチの獲得も狙っている。バルサ期待のMFはファーストチームでは十分に出場機会を得られていない。そのため、この夏にレンタル移籍する可能性が高く、ベティスは移籍先の候補となっている。

しかし、それだけではない。ベティスはアンス・ファティとこの夏に加入するぺドリ、フランシスコ・トリンカンについても興味を示しているようだ。

アンスはファーストチームでプレーを続けており、移籍する可能性は低いが、ぺドリとトリンカンについては不確実であり、決定はプレシーズン後に下されるだろう。

最後に、バルサBのアレックス・コリャードもラ・リーガのクラブから関心を受けている。ベティスに加えて、セルタ・デ・ヴィーゴ、ビジャレアルといったクラブが関心を示しているという。